国内旅行するなら格安航空券で行こう!早割を使ったお得な旅行とは?

- 日本国内の格安航空券についての基礎知識

更新情報

日本国内の格安航空券についての基礎知識

日本国内で長距離を移動するならば新幹線・マイカー・飛行機があります。
今、注目さているのは格安航空チケットでしょう。
激安で目を疑うような料金が提示されいる路線もあります。
まさに価格破壊が進んでいます。
今回は【日本国内の格安航空券についての基礎知識】をまとめておきました。
格安で航空券を手に入れる方法と理由を知って、あちらこちらの旅行を楽しんでみませんか?

LCCを使えば安いのか?

japan-street
例えば新幹線を使う場合に東京から新大阪へ行こうとします。
目的は大阪グルメとユニバーサルスタジオジャパンです。
JR東海の特別料金はときどきあります。
しかし、基本的には季節に関係なく同一料金になります。
最近は夜行バスも頑張っています。
それなりに料金差はあります。
ですが、調べてみたら数10%程度です。
では飛行機はどうでしょう?大阪に行くならば羽田から関西空港が思い浮かびます。
大都市を結ぶ国内線の場合は季節やどこの航空会社を使うか(JAL航空券/ANA航空券/SFJ航空券など)によって数10%から数倍の料金の開きがあります。
飛行機は上手に使うことで半額以下は当然の世界になっています。
それほど価格差が大きな乗り物になった時代の到来です。
格安航空券と言えばLCCのことに触れないわけにはいきません。
果たしてLCCを使えば安いのでしょうか?そういった面からも迫ってゆきたいと思います。

格安航空チケットの基本「早割」

tokyo-yakei
JAL航空券の場合は「先得」・ANA航空券の場合は「旅割」と呼ばれる名称です。
早割」は良く使われるネーミングですが、航空会社によってそれぞれ呼び方が違います。
「早割」のポイントは正規料金で最も安いところです。
最大で70%程度、普通運賃からお得になります。
毎年1月と8月がそれ以後6カ月分の購入開始時期になります。
そして変更やキャンセルについては基本的にできません。
注意しておきたい点です。
例えば、羽田空港から伊丹空港までANA航空券の旅割75ならば9,000円、旅割60の場合は9,500円が最安値です。
普通運賃が27,890円ですから65%から70%の割引料金になっていますから、激安料金と言えるでしょう。
JAL航空券の先得の場合はウルトラ先得が9,000円・スーパー先得が9,600円です。
普通運賃が25,490円ですから、こちらも65%程度の割引金額になります。

いかがでしたでしょうか?

日本国内の格安航空券についての基礎知識をご紹介してまいります。
今回は「早割」についてお話しました。
別ページでは、もう少し詳しく解説をしてまいります。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 国内旅行するなら格安航空券で行こう!早割を使ったお得な旅行とは? All Rights Reserved.