ダイヤが発表される時期を知っておけば予約がとれやすいこと

- ダイヤが発表される時期を知っておけば予約がとれやすいこと

ダイヤが発表される時期を知っておけば予約がとれやすいこと

早割の座席は格安航空券で人気ですからタイミングを見て予約しないと、すぐに満席になります。
とりわけ割引率が大きくて人気の高い路線の羽田発着です。
発売開始する時期をしっかりと把握しましょう。
航空会社も早割運賃を設置した座席は限定的にしか提供しないからです。
今回は【早割のダイヤが発表される時期を知っておけば予約がとれやすいこと】についてまとめておきましょう。

早割運賃のダイヤは年2回発表される

私達は激安料金を確保するには早割が始まる時期を把握してく必要があります。
それを知っておけば早割座席を確保できる可能性が増えるからです。
今のところ、早割運賃のパターンは決まってきています。
それをおさらいしておきましょう。


各航空会社は大きな運行スケジュールを1年間に2回発表します。
ひとつは夏ダイヤで、もうひとつは冬ダイヤです。
夏ダイヤの期間は3月29日から10月24日になっています。
冬ダイヤは10月25日から3月28日までです。
このダイヤの切り替えに合わせて、路線を新しく作ったり廃止したりします。
フライトの増減や発着時間の変更も行われます。

発売日はこの日になる!

新運賃が適用されるのもこのダイヤの切り替えのタイミングです。
年2回の新しいダイヤが発表されるのは10月下旬と3月下旬の3カ月前ほどの時期です。
具体的には夏ダイヤは1月に、冬ダイヤは8月になるのです。
このダイヤの発表時期に早割航空券の発売開始日も発表されます。
早割運賃は半年の期間分が一斉発売になります。
1月と8月に半年のスケジュールをチェックしておけば早割の格安航空チケットをゲットできる可能性が増えます。
新しい飛行機のスケジュールダイヤのすぐの期間の競争率は高いです。
夏ダイヤの場合は4月や5月です。
冬ダイヤは11月から12月です。
事前にあなたの予定を確定しておいて発売開始をチェックして発売同時に予約することが秘訣になります。

いかがでしたでしょうか?

早割のダイヤが発表されるタイミングをご紹介しました。
早割・格安航空券をゲットするには年に2回の発売日はとても大切になります。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 早割ならこんなにお得!早めの予約が節約のカギ All Rights Reserved.