早割を利用する条件

- 早割を利用する条件

早割を利用する条件

早割の格安航空券を購入する場合には利用する条件があります。
実際に格安料金で購入する際に、この条件をきちんと理解しておかないとトラブルになります。
各航空会社の早期購入割引「早割」の条件は基本的に同じルールになっています。
共通して覚えておけばいいです。
ポイントになるのは、
(1)航空券を購入する期限が決まっていること
(2)フライトの予約の変更ができないことです。
今回は【早割を利用する条件】についてです。

航空券を購入する期限が決まっていること

幾つかの種類があって、それぞれに購入期限が設定されています。
ANA航空券早割「旅割」の場合は旅割75・旅割60・旅割45・旅割28・旅割21の5種類が設定されています。
それぞれ旅割の後に記載されている数字が搭乗日からの日数の購入期限になっています。
もしも旅割75の場合ならば、搭乗するフライトの日付から75日前までに購入しなければなりません。
数字が大きいほど購入時期が早くなりますから、割引率も高くなります。
早期予約・早期購入がお得なのです。

フライトの予約の変更ができないこと

例外的に搭乗する当日に同一路線で空席があれば変更できるというケースがありますが、原則的に予約変更は一切できません。
予約を取り消す場合でも販売期間中の取消の場合は3割の取消料が必要です。
販売期間終了した場合は5割から7割のキャンセル料になります。
搭乗日が過ぎた場合は取消は一切できません。

いかがでしたでしょうか?

格安航空券の早割を利用する条件についてご紹介しました。
販売開始してから早いタイミングでフライトを指定して買取のスタイルで航空券を発売するのが早割の特徴です。
3カ月前からスケジュールが確定しているならば、とてもお得です。
ですが、飛行機を使うことは決まっているけれど、日付や時間がはっきりしていなければリスクが高い予約方法です。
予定の変更が予想される場合はおすすめできません。
航空会社によっては、搭乗日に近い期限の早割運賃の場合は変更できる場合もあります。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 早割ならこんなにお得!早めの予約が節約のカギ All Rights Reserved.