格安航空券とLCCの違い

- 格安航空券とLCCの違い

格安航空券とLCCの違い

JAL航空券「先得」/ANA航空券「旅割」の早割を最大限に利用することでLCCと同等レベルの料金で利用できます。
日本に乗り入れしているLCCであるピーチ・バニラエア・ジェットスター・春秋航空日本には早割運賃はないことを覚えておきましょう。
今回は【早割を代表とする格安航空券とLCCの違い】についてまとめておきましょう。

LCCの料金は空席状況に合わせて常に変動させるシステムであることです

早割とは違っていて、何日前に予約すればという概念はありません。
だから早割はないのです。
一般的には早ければ早いほど料金は最安値に近いです。
また座席の埋まり具合では直前に購入すれば最安値になることもあります。
そんな場合は早めに予約したら気分がブルーになってしまいます。
そして、ゴールデンウイーク・夏休み・年末年始・シルバーウイークなどの繁忙期はニーズも高いですから格安航空チケットにななりません。

LCCを利用すれば無条件に安いという考えは間違い!

例えば手荷物料金などです。
いろいろなオプション料金が上乗せで追加されます。
そして、一般的には座席のピッチも狭いです。
機内サービスも最低限のものしかありません。
空港のターミナルでも遠いですから、かなりの距離を歩くことは覚悟しましょう。
またLCCが乗り入れしている空港そのものが遠いこともあります。
このように考えれば、空港までの移動の料金やフライト時間によっては前泊・後泊のホテル代が必要になります。
一概に安いとは言えないこともあるのです。

いかがでしたでしょうか?

早割とLCCの違いについてご理解いただけたと思います。
早割を利用して70%から60%程度の料金で予約をすればいいでしょう。
そうすればLCCと遜色がない料金で快適な航空会社のフライトを楽しめるのです。
この場合の割安感はとっても大きいと思います。
格安航空券を購入する場合は、トータルの金額と快適性・安心・安全なところも考えるべきです。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 早割ならこんなにお得!早めの予約が節約のカギ All Rights Reserved.